AGA治療で初期脱毛が起きる原因やメカニズムとは

 
AGA治療の初期段階に起こる特徴的な症状として、初期脱毛というものがあります。初期脱毛はその名前の通りAGA治療を開始して1~3カ月目の初期段階において一時的に抜け毛が増える症状です。AGA治療は毛量を増やす為の治療にも関わらず、AGA治療の初期の過程において、抜け毛が増え脱毛が起こるといった治療に望む効果とは真逆の効果が起こる為、初期脱毛の知識がしっかりないと、その症状に驚いでAGA治療を中断してしまうケースさえあります。

なお、この初期脱毛はAGA治療薬の一つであるミノキシジルが、丈夫で太い毛髪を発毛させる際に起きる身体からのサインで、抜け毛は一時的に増え不安になりますが、医学的にはAGA治療の効果が順調に出ているというプラスのサインです。今回はこれらAGA治療開始した際に起きる初期脱毛の症状やメカニズムについて解説してきます。

初期脱毛とは

ミノキシジルを用いたAGA治療を開始して1~3カ月初期の段階で、一時的に抜け毛が増えてしまう症状が初期脱毛です。AGA治療を開始する患者様の多くが経験している症状ですが、体質やAGAの進行度合いによっては発現しないケースもあります。初期脱毛は、ミノキシジルにより太く健康的な毛髪に生え変わる準備段階として、AGAによってミニチュア化した細く短くなった髪が一時的に多く脱毛する状態です。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムについて詳しくはこちらをご覧ください。

AGAとは?薄毛になるメカニズムや原因と治療法

初期脱毛が起きるメカニズム

AGA治療の初期脱毛のメカニズムは、ヘアサイクルに大きく関係しています。ヒトの毛髪は、髪が生えて、成長し脱毛するといった一定周期繰り返しており、この毛髪の一生を表す言葉がヘアサイクルです。ヘアサイクルには毛髪が成長をする成長期、成長が緩やかになる退行期、毛髪の成長がストップして脱毛する準備に入る休止期、そして毛髪が抜け落ちる脱毛期の4つに分けられています。

AGAになった場合のヘアサイクル

1:髪が生え成長を続ける「成長期」
2:成長が緩やかになる「退行期」
3:髪の成長が止まり抜ける準備となる「休止期」
4:髪の毛が抜け落ちる「脱毛期」

1本の毛髪が2~6年程掛けてこの4つの時期を繰り返し、毛髪は抜け落ちたり、また生えて成長をしたりしています。

このヘアサイクルにおいて、初期脱毛はどの様なメカニズムで起こるかというと、AGA治療薬であるミノキシジルの影響により、発毛が促進され新しい髪が生えてくる過程で抜け毛が増える仕組みです。

新たに髪の毛が生える為には、ヘアサイクルのメカニズムにある通り、今の生えている髪の毛を脱毛させる過程が必要になる為、主に「3:髪の成長が止まり抜ける準備となる休止期」に入っている髪の毛が、早い段階で脱毛期に移行する為、「4:髪の毛が抜け落ちる脱毛期」の髪の毛の量が普段より増加し、抜け毛の量も増えこれが初期脱毛のメカニズムです。

初期脱毛の原因

初期脱毛の原因はAGA治療薬の1つであるミノキシジルです。ミノキシジルは毛乳頭細胞へ成長因子を分泌させる働きや、毛母細胞の細胞分裂を促進させるなど新たに髪を生み出し成長させる効果があります。その効果により多くの新たな髪が生える為に、既に生えている髪を押し出す形で今生えている髪が脱毛し初期脱毛が引き起こされます。

なお、このミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類の剤型がありますが、共に発毛を促進する効果は同じなので、何れの薬剤を利用した場合にも初期脱毛が起こる可能性があります。

一般的にはミノキシジルの血中濃度が高くなる外用薬よりも内服薬の方が発毛効果が高く出ることから、初期脱毛の反応も
外用薬より内服薬の方が強く出る可能性が高いとされています。

初期脱毛を伴わないAGA治療

初期脱毛の原因はミノキシジルの作用である点からも、AGA治療においてミノキジルの成分を用いないAGA治療の場合には初期脱毛は起こりません。その為、全てのAGA治療において初期脱毛が起こる訳ではありません。

その為、フィナステリドやデュタステリドといった、5αリダクターゼを阻害して抜け毛を抑制する作用の治療薬には、初期脱毛は基本的には起こりません。

仮にAGA治療でミノキシジルを用いていないにも関わらず、初期脱毛が見られた場合には、他の脱毛症による脱毛症状の可能性があるので、掛かりつけの医師に直ぐに相談をしましょう。

初期脱毛の期間について

ミノキシジルを用いたAGA治療を始めてから10日~1ヶ月程度で既存の毛髪が抜けはじめ、3ヶ月程度の脱毛が続くと言われています。初期脱毛には個人差があり、発現しない場合もあります。しかし3ヶ月以上抜け毛が収まらないと感じる場合は、別の理由で抜け毛が増えている可能性がありますので注意が必要です。

AGA(男性型脱毛症)以外で脱毛の症状がある疾患として、円形脱毛症や牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症などさまざま考えられます。それぞれ治療方法が異なり、AGA(男性型脱毛症)の治療を行っていても意味がありません。AGA(男性型脱毛症)治療を開始し、3ヶ月以上経っても抜け毛が続くようであれば、医療機関に相談をしてみましょう。

AGA治療における初期脱毛の考え方

AGA治療において一時的でも抜け毛が増えたり髪のボリュームが減ることは、心理的に大きな負担やストレスになります。しかし、重ねてにはなりますが医学的に考えるとミノキシジルの効果が出始めているサインになりますのでAGA治療においては良い兆候です。通院している医師の説明や指導の元、安心して服用を中止せずにAGA治療を継続しましょう。

しかしながら、初期脱毛のストレスに耐えられない、または想定される以上に髪の抜ける量が多い場合においては、ミノキシジルの処方濃度により初期脱毛をある程度コントロールすることは可能ですので、通院している医師に相談してください。

AGA治療専門病院 銀座総合美容クリニック公式HP

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報