若ハゲの原因や対策とは?10代から髪が薄くなる理由とは

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報

通院されている10代あるいは20代前半の方の多くに「同年代と比べて髪の量が少なく若ハゲなのでしょうか?」というご相談を頂くケースが多くあります。同窓会などで久しぶりに会った友人から薄毛の事を揶揄されたり、頭髪への視線が気になったりその悩みの発端は様々ですが、10代~20代の同世代に薄毛に悩む方が少ない場合には、一人でその悩みを抱え込んでしまう場合がとても多いです。

今回は10代あるいは20代前半の若年層で頭髪の悩みを抱える「若ハゲ」という言葉について、その対策方法やAGAとの関係性を解説します。

10代から髪が薄くなる若ハゲとは

若ハゲという言葉は医学的な薄毛の症状を指す言葉ではありませんが、一般的な言葉の認知として10代~20代前半の若年層で頭髪が薄くなる、もしくは頭皮が透けて見えるようになっていたり、額の生え際が後退しておでこが広くなっていたりしている方の状態を指す言葉とされています。

一般的には薄毛は30代以降の中年以上の男性に起きる症状だと思う方も多いかもしれませんが、医学的には体質や遺伝によって10代や20代前半の若年層でも薄毛になる可能性は十分にあり得ます。特に男性ホルモンが原因とされるAGA(男性型脱毛症)は、統計によると日本人は20歳以上の成人男性は3人に1人が薄毛に悩んでいると言われており、10代あるいは20代前半の方で薄毛になる「若ハゲ」は特別なことではありません。

若ハゲの原因とは

一般的に10代~20代前半の方が頭髪が薄くなる場合には、多くのケースで若ハゲはAGAが原因である場合が多いですが、その他の疾患が原因となって髪が薄くなるケースもあります。以下より若ハゲの原因に関して詳しく解説をしていきます。

若ハゲの原因1:AGAのケース

AGAとはAndroGenetic Alopecia(アンドロジェネティック アロペシア)の略称で、体内の男性ホルモンが原因で引きおこる脱毛症のことを言います。体内での男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と反応し、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換します。その後、毛髪の成長を司る毛乳頭細胞内にある受容体と結合することで脱毛シグナルを出す脱毛因子TGF-βが増加することで脱毛量が増加し、正常なヘアサイクルを短縮させてしまうのが、AGA(男性型脱毛症)のメカニズムです。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムについて詳しくはこちらをご覧ください。

AGAとは?メカニズムや原因と治療法

多くの若ハゲの原因はこのAGAであるケースが非常に多いです。

若ハゲの原因2:その他の脱毛症のケース

若年層の方が薄毛になる多くの方はAGA(男性型脱毛症)を発症しているケースが多いですが、必ずしも全てのケースにおいてAGAであると断定はできません。

AGAの他にも、頭皮の状態が悪くて毛髪が成長しにくい環境であったり、ご自分で毛髪を抜いていたり(抜毛症)、10円硬貨から500円硬貨程度の範囲で一気に脱毛したり(円形脱毛症)するなど、原因は様々考えられます。

抜毛症について詳しくはこちらをご覧ください。

抜毛症(トリコチロマニア)とは AGAとの違いや治療法について

円形脱毛症は、医療機関の皮膚科において最も来院患者数が多いと言われている程、一般的な脱毛症です。他にも脂漏性皮膚炎による脱毛症などでも、抜け毛が増えて全体の頭髪量が減ってしまうこともあります。

特に10代あるいは20代前半は外的なストレスに敏感で多感な時期でもある為に、円形脱毛症を患うケースも多く、一概に薄毛や若ハゲの理由をAGAと決めつけることは出来ません。

円形脱毛症について詳しくはこちらをご覧ください。

円形脱毛症とは AGAとの違いや治療法について

また、10代後半から20代は男性ホルモン分泌量が一生においてピークに差し掛かる時期てもあり、それに伴い頭皮の皮脂の分泌も非常に活発になります。その場合には、皮脂の過剰分泌により雑菌が繁殖して頭皮環境が崩れる脂漏性皮膚炎による髪の毛の脱毛の可能性もあります。

脂漏性皮膚炎について詳しくはこちらをご覧ください。

脂漏性皮膚炎とは AGAとの関係や治療法について

若ハゲの原因3:生活習慣のケース

10代~20代前半で頭髪が薄くなる、もしくは抜け毛が増えるなどの若ハゲの症状が出た場合には、稀に生活習慣に起因するケースも考えられます。具体的に薄毛を引き起こす可能性がある習慣として以下の様な物があげられます。

  • 毎日タバコ2箱以上の喫煙をしている
  • 頻繁に大量の飲酒をしている
  • 常に睡眠不足の状態
  • 日常的な偏食や栄養不足
  • 強いストレスがたまっている
  • 日々洗髪せず頭皮のコンディションが悪い

上記の様な生活習慣を慢性的に抱えている場合には、頭皮に栄養や血液、酸素がいきわたらなくなり毛髪が正常に成長することが困難になります。それにより若ハゲを引き起こす要因となり得ます。

若ハゲと遺伝

薄毛の原因がAGAである場合は遺伝による影響を受ける場合があります。AGAは単純に男性ホルモンの分泌量が多い人が発症するわけではありません。5αリダクターゼによって変換された悪玉男性ホルモン(DHT)が、髪の毛の成長をコントロールしている毛乳頭細胞内にある受容体に結合することで、脱毛のシグナルが発されます。

その為、男性ホルモンをDHTに変換する5αリダクターゼの活性情報を持っているのは優性遺伝子で、ご両親のどちらかが活性を持つ遺伝子であれば子に受け継がれやすいです。さらに、受容体(アンドロゲンレセプター)がDHTと結合しやすいかどうか(感受性)が、母親からの遺伝によって決まっていると言われています。

このように、AGAになるきっかけの「5αリダクターゼの活性」と「アンドロゲン受容体の感受性」は遺伝と大きく関係があります。

AGAと遺伝について詳しくはこちらをご覧ください。

潜在的な薄毛のリスクを確認する「AGA遺伝子検査」とは

ただ、遺伝もあくまで1つの可能性の問題である為、仮に母方の親族に薄毛の方が多いからといって必ず若ハゲになる訳ではありませんので、不用意に心配になる必要はありません。

若ハゲの対策方法とは

まずは皮膚科やAGAクリニックで医師から客観的に頭髪の状態をしっかり確認してもらう事が重要です。10代~20代は多感な時期であることもあり、全く髪が薄くなっていないにも関わらず、髪が薄くなっていると思いこんでしまっているケースも多い為、客観的そして定量的に毛量が減っているかを医師が確認する事が重要です。

その上で、症状に合わせて髪を生やす薬が必要なのか、抜け毛を予防するだけが良いか、そもそも薬は必要ないのか等を医師とじっくり相談して対策を決めていきましょう。何れにしても、医師による頭髪の客観的な判断がないまま、自己判断でAGA治療薬をいたずらに対策をすることは危険です。

AGA治療の副作用とリスクについて詳しくはこちらをご覧ください。

AGA治療薬の副作用とは 薬別に異なるリスク

というのも治療薬であるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを医師の処方なしに個人輸入などで入手し、服用したことで、重篤な副作用が発現したケースがあります。その為、出来る限り初めてAGA治療を受けられる場合には半年程度は対面で医師にしっかりと診察をしてもらいながら、副作用や薬の効果の出方のチェックを逐次してもらうことが、安全かつ有効な若ハゲの対策方法といえます。

ただ、時間や金銭的な理由などによりどうしても病院に行けない、若ハゲ対策をセルフケアでまずしたいという方は、イタズラに育毛剤やサプリなどを使用するよりも、しっかり生活習慣から見直すことから始めましょう。

生活習慣から見直すAGAや薄毛の対策や予防法

シャンプーで頭皮を傷つけないようにする

皮脂汚れを落とそうと、何度も先発する人は、知らずうちに頭皮を傷つけているかもしれません。意外にも、シャンプーのやりすぎは若ハゲの原因となる場合があります。

頭皮において皮脂は、シャンプー業界で謳われていたこともあり「根こそぎ落とすもの」と考えられてきました。しかし頭皮の皮脂には以下の役割があります。

  • 保湿(頭皮の潤いを保つ)
  • 紫外線から守る
  • 髪の毛を滑らかにする
  • 細菌などから肌を守る

皮脂を根こそぎ落とそうと何度もシャンプーをしてしまうと、必要な皮脂も落としてしまい、かえって頭皮の環境が悪化してしまいかねません。

また、洗髪を何度も行えばそれだけ髪の毛を引っ張ったり頭皮に爪を立てる回数も増えてしまい、頭皮に負担がかかってしまいます。健康な髪の毛を育てるために、洗髪は1日1~2回にしましょう。

ただし皮脂は1日経てば、酸化したり汚れが付着してしまいます。その状態のまま放置してしまうことは、頭皮の環境に良くない状態です。髪の毛を洗う際には、まずお湯で髪の毛に付着したほこりや汚れ、酸化した皮脂汚れを十分に落としてから洗髪すれば、シャンプーを2回も3回も行わずに済むでしょう。

また、頭皮の皮脂汚れが気になるということであれば、通常のアミノ酸系シャンプーではなく、頭皮のことを考えられて作っているスカルプシャンプーに切り替えてもいいかもしれません。

スカルプシャンプーについて詳しくはこちらをご覧ください。

スカルプシャンプーの効果とは?薄毛やAGAは予防できる?

栄養バランスの整った食事に切り替える

特に働き盛りであり多少無理もできる年齢ですと夜ご飯をジャンクフードや乾麺ばかりにしたり、食欲ないからといって食パン1枚で食事を終わらせていたりすると、食事からの栄養が十分に取れずに若ハゲの原因となり得ます。

髪の毛にとって重要な栄養素はタンパク質、ビタミンB群、亜鉛などが挙げられます。髪の毛の主成分であるタンパク質は、不足してしまうと生命活動に関係の薄い髪の毛や爪、肌などへの供給が後回しにされてしまい、爪に線が入ったり肌がたるんだり、髪の毛が健康に育たなくなったりしてしまいます。

髪に必要な栄養をしっかり取るために、海藻や肉類、フルーツや野菜など、バランスの取れた食事を意識してみましょう。

若ハゲや薄毛を改善改善したい時に取りたい食べ物について詳しくはこちらをご覧ください。

薄毛やAGAを食生活で改善するために摂取したい食べ物や栄養素

若ハゲが気になったら医師に相談を

一口に若ハゲと言っても、その症状や原因は様々です。AGA(男性型脱毛症)が原因の場合は、治療薬によって薄毛の改善が可能ですが、そうではない方が服用すると、副作用の発現が起きる可能性だけを高めてしまいかねません。

最近ではインターネットでご自身の頭部の写真をアップし、「自分はAGAなのか」という質問をされている方も多く、安価という理由でにより個人輸入でAGAに用いる治療薬を個人の判断で服用される方も目立ちます。仮にAGAであっても副作用のリスクを抱えたまま治療をすることになりますし、円形脱毛症や別の脱毛症の場合は改善はしません。また、若ハゲは1つの原因だけという訳でなく、複数の症状が併発している場合もあります。

この様な場合には医師による触診などでしっかりと診察をうけないと、原因の特定は非常に難しくなります。何れにしてもまずは、きちんとした医療機関で医師の診察を受けて治療する方法を探していきましょう。

10代から髪の毛が薄くなる若ハゲに関してよくある質問

10代から髪の毛が薄くなる若ハゲに関してよくある質問をまとめました。

若ハゲの基準はどこから?

若い方の髪の毛が薄くなってしまうことを若ハゲと呼んでいますが、医学的に「若ハゲ」と呼ばれる基準というのは設けられていません。ただし抜け毛が増えた、髪の毛の生え際が後退した、などという基準から若ハゲであるかどうかは判断できます。
自然と床に落ちていく髪の毛が今まで以上に多かったり、おでこが以前より広くなったと感じる場合、若ハゲの兆候かもしれません。

ハゲやすい人の特徴とは?

禿げやすい人の特徴は、主に家系の遺伝によるものが大きいとされています。特に母方の家系に薄毛の人がいる場合、ご自分も将来は髪の毛が薄くなる可能性が高いとされています。
ただし、前述している健康的な食生活に気を付けている、シャンプーも複数回おこなっていないような人の場合です。

ハゲてきた気がするが、どうすれば良い?

多くの若ハゲの方が「おでこが広くなった」や「つむじ付近の髪の毛が薄くなった」と感じるようです。もしこのように感じているのであれば、AGA(男性型脱毛症)である可能性が高く、早急に治療を開始しないとどんどん薄毛が進行していきます。「抜け毛が増えた」と感じる場合も同様ですので、AGA治療ができる医療機関への受診がおすすめです。
髪の毛が一度で大量に抜けてしまった場合など、抜け毛や薄毛になったとしてもAGAではない可能性もなかにはあるため、医師に「どんなことが起きて薄毛と感じたのか」をしっかりと相談してください。

SP 銀座総合美容クリニック(AGA相談の銀クリ) 無料カウンセリングのご予約 銀座総合美容クリニックでは、無料カウンセリングを対面・オンラインともに常時承っております。無料カウンセリングではその方々の状態を拝見の上、AGA治療の方法や効果・副作用、また効果発現の目安などについてもご説明させていただきます。 

PC 銀座総合美容クリニック(AGA相談の銀クリ) 無料カウンセリングのご予約 銀座総合美容クリニックでは、無料カウンセリングを対面・オンラインともに常時承っております。無料カウンセリングではその方々の状態を拝見の上、AGA治療の方法や効果・副作用、また効果発現の目安などについてもご説明させていただきます。