主なカテゴリ
  • ホーム HOME
  • クリニック経営理念 VISION
  • 院長挨拶 MESSAGE
  • 診療・治療一覧 MEDICAL TREATMENT
  • 治療の流れ FLOW
  • 治療費 COST
  • 治療効果 TREATMENT EFFECT

AGAの説明・原因に関して

AGAとは?

AGAとはAndrogentic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。 思春期以降、急激に増える男性ホルモンの変化の影響により、前頭部から頭頂部にかけての髪が細く薄毛化する症状です。前頭部・頭頂部のいずれかが薄くなる場合もあれば、両方同時に症状が出る場合もあり、その進行度スピードは人によって様々です。

AGAの進行モデルパターン Hamilton-Norwood scale

なぜAGAになるのでしょう

AGAは遺伝などの要因により男性ホルモンの変化が毛根に働きかけ、正常な髪の生え変わりリズム(毛周期・ヘアサイクル)を営めなくなるため症状を発します。

毛周期(ヘアサイクル)とは、毛髪を生成する毛乳頭細胞が最も盛んに活動して、太く長く毛髪が成長している状態の「成長期」(2~6年間程度)と、毛乳頭細胞が毛根の深い部分に退縮して毛髪の伸長活動が低下する「退行期」(2週間程度)、そして毛乳頭細胞が活動を止め成長を終えた毛髪が脱落の準備に入る「休止期」(3~4か月程度)という3つの期を繰り返し過ごす頭髪の生え変わりサイクルの事です。

このヘアサイクルが乱れ成長期が短縮すると、毛髪はしっかりと太くなる前に成長を終え生え変わってしまいます。このいわゆる毛髪のミニチュア化が薄毛の状態を作る、これこそがAGAなのです。また、人間の毛髪はこの毛周期を40~50サイクル営んだ後、その細胞分裂を止めるとも言われています。

ヘアサイクル(毛周期)「成長期」→「退行期」→「休止期」