毛量変化測定技術(スカルプ スカルプチャー)について

3DプリントによるAGA治療の前後の毛量を比較する毛量変化測定技術(スカルプ スカルプチャー)の開発動画を公開いたしました。




















この度は、銀座総合美容クリニックのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

近年、医療機関でのAGA治療が普及しておりますが、治療における「発毛」効果の検証については、感覚や満足度に伴う主観的な判断基準しかなく、なかなか客観的に効果を比較検討出来ないのが現状です。

弊院ではこのような状況に対応するため、2011年に「毛量の数値化」ならびに「毛量変化の数値化」を目的とした毛量測定法「Medical Bald Scale(メディカルボールドスケール法)」を開発し治療への導入を検討するなど、「発毛」効果を客観的に評価する取り組みを進めてまいりましたが、その更なる取り組みの一環として、2次元ではなかなかわかりづらい毛量の変化を3次元で客観的に評価する「SCALP SCULPTURE(スカルプ スカルプチャー)」を開発し、試験的に導入いたしました。


SCALP SCULPTURE(スカルプ スカルプチャー)「AGA治療の前後の毛量を3Dで比較」ロゴ

まだ試験段階の取り組みではありますが、弊院ではこの試みがAGA治療における「発毛」効果の検証の一助になればと考えております。

また上記では、開発の様子などをまとめた動画を公開しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

今後とも、銀座総合美容クリニックをよろしくお願い申し上げます。

銀座総合美容クリニック
院長 正木健太郎


新規来院予約はこちら