カルシトニン遺伝子関連ペプチド

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報

 
カルシトニン遺伝子関連ペプチド(calcitonin gene-related peptide:CGRP)とは、中枢神経、心臓や血管等の抹消の一時神経末端及び、遠位端存在するアミノ酸37個からなるペプチドです。
最近このカルシトニン遺伝子関連ペプチドが、各種実質細胞に働きかけ、毛髪の成長を助けるIGF-1産生を促進することがわかりました。